2009年03月31日

近くに来ました。

微笑む女神.jpg本当に大きいです。パリのノートルダムより大きいとおもいます。
入り口付近の微笑む天使像です。ノートルダム大聖堂.jpg大聖堂の入り口.jpg


posted by エピス at 15:36| ヨーロッパ研修旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっとお知らせがあります。

epiceが本に載りました。
今までも色々な本、雑誌等に載せていただきましたが、今回は料理人がよく読む専門誌『シェフ』と言う本に、特集で載せて頂きました
 私がまさかこの本に載せていただけるとは思ってもいなかったので
とてもうれしいです。これからも日々進化し、周りには余りとらわれず、自分なりのベストを尽くして行きたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
                   シェフ表紙.jpgシェフ1ページ.jpgシェフ2ページ.jpgepice 井尻 宣孝
posted by エピス at 15:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

車での旅スタート

アンジェを、朝5時に出発、パリを過ぎてランスと言う村に着きました。このあたりがシャンパーニュ地方と呼ばれている所
とりあえず、ランスで1番の観光名所ノートルダム大聖堂にむかいました。ノートルダム大聖堂2.jpg
posted by エピス at 15:55| ヨーロッパ研修旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

アンジェ最終日です。

ファ三リィー.jpgこのディナーが終わると、フランクの家族ともお別れです。
明日から、車でシャンパーニュ地方に向け出発です。
最後にみんなと写真撮りました。皆でディナー.jpg
posted by エピス at 16:22| ヨーロッパ研修旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

デザートにびっく!!

洋ナシ.jpgスフレ.jpgコアントローのスフレを頼みました。
来てびっくり この大きさ顔ぐらいありそうです。
もう1皿は、洋ナシコンポートと、栗アイスクリームこれもかなりな量です。
posted by エピス at 16:06| ヨーロッパ研修旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

次に来たのが・・・。

チーズ.jpgチーズですねー 種類沢山 味も塩辛くてにんにく味の物とかいろいろでした。
posted by エピス at 14:46| ヨーロッパ研修旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メインの料理もこれで、全部

ソングリエ.jpgママが注文した、イノシシの肉の料理です。
くせは、そんなになかったのですが、ちょっと肉肉しい料理でした。
posted by エピス at 14:00| ヨーロッパ研修旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

私のメインは・・・

仔牛.jpgピジョン.jpgピジョン、鳩です洋ナシとカネロ二添え、これもボリューム満点でした。
あと仔牛の料理、こちらはスタッフの酒井注文、藁に刺して焼いてます、クリーム煮もあります。1皿で2度美味しいって感じです。
posted by エピス at 15:43| ヨーロッパ研修旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

次は魚です。

1匹そのままです.jpgヒメジ.jpgカサゴ1匹お皿に乗ってます、付け合せは、ラザニアだったと思います
もう一皿パパが頼んだお魚料理は、ルージュ日本では、タカサゴヒメジと言う魚です、フランスではよく見かけます。
posted by エピス at 15:35| ヨーロッパ研修旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

まだまだ料理出てきます。

リードヴォー.jpg帆立.jpg鴨.jpg鴨と洋ナシのサラダ、帆立のムース マッシュルームソース、リードヴォーとエクルビス
posted by エピス at 16:02| ヨーロッパ研修旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

料理注文しました。

エスカルゴ.jpgフォアグラ.jpgリエット.jpgアンジェ最後の夜、皆で食事です。
好きなものを、皆バラバラに注文しました。
アミューズはリエット
私が頼んだのはフォアグラソテー スパイス風味のパンケーキ添え
マスカットのソース
次がエスカルゴのパセリソース 根セロリ添えこの料理は酒井君が注文 どのお料理も量の多さにびっくり!


posted by エピス at 15:45| ヨーロッパ研修旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

アンジェに帰ります。

アンジェの石の壁.jpgレストランの.jpg風車小屋のレストラン.jpgワインも買って、畑も見せてもらい大満足のサボニエでした。
アンジェに帰って、レストランで家族と友達とで、食事です。

風車小屋を、改装したレストランらしいです、中に入るとちょっと迷路みたいでおもしろい、壁はアンジェで取れる石で出来ています。
posted by エピス at 16:03| ヨーロッパ研修旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

奥に進むと・・・。

ヴィンテージワイン.jpgラベルの機械.jpg奥に進むと、ワインのラベルを貼る機械が有り、さらに奥の部屋には
なんとヴィンテージのクーレ・ド・セランが沢山、すぐに「この中で買えるワインはありますか?」と尋ねると、スペシャルワインリストを持ってきてくれて、「このワイン本当は、売れないけどナナの紹介だから良いよ」と選ばしてくれました。
その中で1番古い1989年のクーレ・ド・セラン買いました。
もっと古いワインもあったのですが、さすがにそれは、分けてもらえませんでした。
posted by エピス at 15:53| ヨーロッパ研修旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

シャトーの中に着きました。

試飲中.jpgワインの試飲.jpg中に入ると、大きな葡萄を搾る木製の機械が有り、その目の前で3種類のワインのテイスティングをさしてもらいました。
1番美味しかったのは、やはり一番右のクーレ・ド・セランですねー
甘口ではないのですが、シロップの様な甘味も感じるとても美味しいワインでした。ちなみにエピスに置いていますので是非飲みたい方は、お越しください。
posted by エピス at 16:07| ヨーロッパ研修旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

次は、サボニエで1番有名な人の所に行きます。

二コラ・マダムのシャトー.jpg二コラ・ジョリーの畑.jpgワインの造り手で、二コラ・ジョリーのシャトーと畑を、見に来ました。
サボニエの中で1番良いとされる、7ヘクタールから取れる葡萄で作ったワインが、クーレ・ド・セランです。
その畑が写真左です、右のシャトーは、二コラ・マダムの家です。
ここで、ワイン買えるそうなので、行ってみたいと思います。
posted by エピス at 16:13| ヨーロッパ研修旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

ナナのワインいただきます。

グラスキャップ.jpgワインラベル.jpgナナのワイン飲まして、もらいました。
フランスワインでは、珍しく地方の名前がワインの名前になってます
なので、ナナのワインは、サボニエ。 2種類有り、セック(辛口)とドゥミセック(中辛口)畑は5ヘクタール、瓶詰めして、保管されている物に、ラベルとキャップをつけて、出荷します。
私たちが買ったワインも、その場でラベルとキャップをつけて、出来たてほやほやを、買ってきました。
posted by エピス at 16:21| ヨーロッパ研修旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。